出雲大社函館教會 函館市

高松町327−3
042-0952 函館市 北海道

hakodate@izumotaisha.net

+81-138-57-4677

Suggerisci una modifica

Articoli Religiosi

出雲大社函館教會 函館市

出雲大社(御本社・島根県出雲市大社町)は、神代に創祀創建され
たとの伝承をもつ我国最古の神社として全国的に知られ、伊勢神宮
とならび、我国神社界の二大双璧であります。これは、両者独自の
格式をもち、伝統を伝えたことに由来します。また、我国の八百万
神々は天つ神系の神々と国つ神系の神々に分けられますが伊勢神宮
の御祭神「天照大御神」が天つ神の代表神(総氏神様)であり、出雲
大社の御祭神「大国主大神」が国つ神の代表神(総産土神様)であり、
それぞれが我国の二大大神の御鎮座する総本宮古社としても知られ
ています。
出雲大社の御祭神「大国主大神」は、神代の昔この日本の国土を
開拓され国づくりに励まれたと伝えられています。大神は国づくり
の大業が完成すると天照大御神にこの国土を奉還され、日本の建国
に大きな功績をお立てになりました。これにより、国土の守護神・
大地主大神として仰がれ、農業・漁業・医療の神また縁結びの神と
して、招福開運・商売繁昌・災難除け、さらには「魂」をつかさど
り御守護・御導き下さる幽冥主宰の大神として、実にその御神徳は
広大無辺なるものがあり、古くから今の世に至るまで、幸福の縁を
結ばれる「むすびの大神」と敬仰され、また「だいこくさま」と申
して慕われ「福の神」として篤い信仰をおうけになっています。
函館教會(はこだてのおしえのにわ)は、出雲大社の大神様の御神
徳をひとりでも多くの方に弘布すべく、昭和38年10月20日に
島根県出雲市大社町の宗祠(御本社)より講社として設立され講社分
霊を奉斎、さらに平成11年9月11日には教會に昇格し教會分霊
を奉斎、当地函館の御神殿に宗祠出雲大社国宝御本殿より大神様の
御分霊を勧請し、御鎮座されている御社であります。ひとりでも多
くの皆様が出雲大社の大神様を敬い慕い、楽しい豊かな心をもって
生活が営まれますようお祈り申し上げます。

DETTAGLI

  • ◇ 宗教法人出雲大社函館教會 (Area)

      【法人名】宗教法人出雲大社函館教會      シュウキョウホウジンイヅモタイシャハコダテキョウカイ 【業種】神社 【住所】北海道函館市高松町327-3 【TEL】0138-57-4677 【FAX】0138-57-4720 【Mail】hakodate@izumotaisha.net 【URL】www.geocities.jp/izumo388/ 【開門時間・休日・その他】  開門時間8:00~17:00  年中無休  駐車場無料最大10台   ☆ 道南函館の「出雲大社」 ☆ 本社(宗祠)・島根県出雲市大社町鎮座 ☆ 国つ神代表神「だいこくさま」総本宮

  • ◇ 御祭神・由緒 (Area)

    【御祭神】 主祭神: 大国主大神(おおくにぬしのおおかみ) 幽冥主宰大神(かくりよのつかさのおおかみ) 配祀神: 天御中主大神(あめのみなかぬしのおおかみ) 高皇産霊大神(たかみむすひのおおかみ) 神皇産霊大神(かみむすひのおおかみ) 天照大御神(あまてらすおおみかみ) 天穂日大神(あめのほひのおおかみ) 産土大神(うぶすなのおおかみ) 事代主大神(ことしろぬしのおおかみ) 稲荷大神(いなりのおおかみ) 龍蛇大神(りゅうじゃのおおかみ)   【由緒】 出雲大社(御本社・島根県出雲市大社町)は、神代に創祀創建されたとの伝承をもつ我国最古の神社として全国的に知られ、伊勢神宮とならび、我国神社界の二大双璧であります。これは、両者独自の格式をもち、伝統を伝えたことに由来します。また、我国の八百万神々は天つ神系の神々と国つ神系の神々に分けられますが伊勢神宮の御祭神「天照大御神」が天つ神の代表神(総氏神様)であり、出雲大社の御祭神「大国主大神」が国つ神の代表神(総産土神様)であり、それぞれが我国の二大大神の御鎮座する総本宮古社としても知られています。   出雲大社の御祭神「大国主大神」は、神代の昔この日本の国土を開拓され国づくりに励まれたと伝えられています。大神は国づくりの大業が完成すると天照大御神にこの国土を奉還され、日本の建国に大きな功績をお立てになりました。これにより、国土の守護神・大地主大神として仰がれ、農業・漁業・医療の神また縁結びの神として、招福開運・商売繁昌・災難除け、さらには「魂」をつかさどり御守護・御導き下さる幽冥主宰の大神として、実にその御神徳は広大無辺なるものがあり、古くから今の世に至るまで、幸福の縁を結ばれる「むすびの大神」と敬仰され、また「だいこくさま」と申して慕われ「福の神」として篤い信仰をおうけになっています。   函館教會(はこだてのおしえのにわ)は、出雲大社の大神様の御神徳をひとりでも多くの方に弘布すべく、昭和38年10月20日に島根県出雲市大社町の宗祠(御本社)より講社として設立され講社分霊を奉斎、さらに平成11年9月11日には教會に昇格し教會分霊を奉斎、当地函館の御神殿に宗祠出雲大社国宝御本殿より大神様の御分霊を勧請し、御鎮座されている御社であります。ひとりでも多くの皆様が出雲大社の大神様を敬い慕い、楽しい豊かな心をもって生活が営まれますようお祈り申し上げます。

  • ◇ 御祈祷・出張祭典・年間祭事 (Area)

    【御祈祷】 ◆ 拝殿個人祈祷初穂料 ・祈祷初穂料は、一願意一金五千円也以上のお納めとさせていただ  きます。 ・通信祈祷は、現金書留封筒に祈祷初穂料と住所、氏名、生年月日、  祈祷依頼内容を書いてお申し込みください。 ◆ 拝殿個人祈祷願意 ・厄祓厄除祈願(本厄前後厄他) ・車祓交通安全祈願・商売繁昌祈願 ・良縁縁結祈願・安産祈願 ・初宮詣・百日詣・七五三詣 ・進学成就祈願・受験合格祈願 ・就職成就祈願・諸願成就祈願 ・神恩感謝・成就御礼 ・水子供養(瑞稚霊慰霊祭)・御霊供養   【出張祭典】 ○地鎮祭○上棟祭○新宅清祓 ○起工式○竣功式○店舗開店清祓 ○宅神祭(神棚祭) ○結婚式 ○出雲屋敷地鎮祭(出雲大社八方除) ○増改築清祓○家屋取壊し清祓(解体祭) ○神葬祭(神式の葬儀) ※その他諸祭事の出張祭典も随時受付けております。 ご相談ください。   【年間祭事】 ◎元旦祭(新年祈念祭) 1月1日午前11時 ◎節分祭(厄祓・星祭) 節分の日午後2時 ◎春季祖霊社冥福祭春分の日午後6時 ◎春季例大祭前夜祭大祭前日土曜午後6時 ◎春季例大祭・祖霊社例祭5月第2日曜午後2時 ◎夏越大祓6月30日午後4時 ◎秋季祖霊社冥福祭秋分の日午後6時 ◎秋季例大祭前夜祭大祭前日土曜午後6時 ◎秋季例大祭・祖霊社例祭10月第2日曜午後2時 ◎年越大祓・除夜祭12月31日午後10時 ◆ 毎月の祭事 ◎月始祭・祖霊社祭毎月1日午前11時 ◎稲荷神社祭毎月10日午前8時 ◎月次祭・祖霊社祭毎月15日午前11時 ◎龍蛇神社祭毎月16日午前8時 ◎日供祭毎日午前8時

  • ◇ 出雲大社参拝作法・人生儀礼 (Area)

    【出雲大社参拝作法】 ◎お参りの作法 神前に向かい、身を正して心を鎮めます。 ①一拝(深いおじぎをします) ②祈念(両手を合わせて頭を下げ、神様への感謝とともに、 自分の願いを念じます) ③二拝(二回深いおじぎをします) ④四拍手(両手を胸高にして、四度拍ちます) ⑤一拝(深いおじぎをします) ⑥神語を三回唱えます(胸高に両手を合わせ、深く頭を下げ、 心の底から一心に唱えましょう) 【神語】神様から御霊力を戴くことば幸魂奇魂守給ひ幸へ給へ (さきみたま、くしみたま、まもりたまい、さきはえたまえ) ⑦二拝(二回深いおじぎをします) ⑧四拍手(両手を胸高にして、四度拍ちます) ⑨一拝(深いおじぎをします)   【人生儀礼】   ◎初宮詣り 古来日本人は、子供は神様から「授かる」と表現し結びの神のお 力添えによって、父母の家に伝わる良い「霊(ひ)」を体に宿して生 まれると考えました。 これが「霊」がともる、即ち、「霊止(ひと)」となり、ヒトー人 となるのです。ですから、出産とは、誠に有難い授かりものを戴く、 ということです。 神様から「授かった」以上、子供は立派に育てさせて戴きますと、 結びの神様に御礼を述べ、親としての決意を誓い、子供が幸せ多い 生涯を送れるよう、清らかな心で祈ることを子育ての第一歩と考え て、初宮詣りをした日本人伝統の心は美しい限りだと思います。 普通初宮詣りは、男32日目、女33日目といわれていますが、日数に こだわることなく、産婦が赤子を抱いて歩けるよう体力が回復すれ ば、忌み明け、と考えていいわけです。また、出雲では「百日詣り」 (ももかまいり)といって男女とも百日目のお食初めの日に初宮詣り をするところもあります。   ◎七五三詣り 11月15日は古来、七五三の日とされています。子供が男女三 歳(髪置き)、男児五歳(袴着)、女児七歳(紐落し)に成長したのを祝 い、神詣りをする風習が定着したのは江戸時代ですが、起源は平安 時代にさかのぼれます。 普通三歳で言葉が発達して知恵がつき、五歳で善悪の基本や人の 心を理解しはじめ、七歳で社会性が生まれる。またこの頃は病気な どにもかかりやすい時期でもあります。この節を順調に乗り越えれ ば、一安心、と昔の人は体験的に知ったのでしょう。 神様から授かった子供が三つになりました。五つになりました。 と神様に奉告し、親はこの間の育て方を反省し、更に次の節を乗り 越えられるよう努力する決意を神前で誓います。親のこの姿は、幼 い子供の心に折り目正しく、奥行きの深い何かを植えつけてくれる 筈です。   ◎良縁祈願 出雲の神様、といえば、ダイコクさま、「福の神」、「縁結びの神」 と古くから親しまれています。しかしこれは単に男女の縁、だけで なく、広く人と人・人とよい霊魂を結んで下さり、それがひいては、 幸せに恵まれた生活との縁を結んで下さるという意味です。 人間、適齢期に良い縁に恵まれ、頼もしい子供を育てられること は、幸福の第一であります。よく、うちの息子は縁が遠くて、とこ ぼす人がいますが、相手に求めるものが多すぎ、みすみす良縁を逃 がしていることも多いようです。親が譲りの心をもって、こだわり をすて、また家に悪い霊を呼び入れないよう、一心に神様におすが りして、よい霊魂との「結び」を願い、徳のある心がけが良縁に恵 まれる最大の道でしょう。   ◎厄除祈願 古来から人生の節目にあたる、厄年には災難が多く障りのある行 動や振る舞いは慎しむ年であるとされています。厄除は、厄年にあ たった人が神様に詣でて、禍を福に転ずるために厄祓いをうけ、厄 難を免れようとするものです。 一般に数え年で、男性の25歳・42歳・61歳、女性の19歳 ・33歳・37歳・61歳で、その前後を前厄・後厄といいます。 中でも男性の42歳と女性の33歳は、大厄とされています。 厄年は、日々に十分な心ぞえを要する年です。ですから謙虚に、 毎日心をひきしめることと、神様より一層の御加護が戴けるよう努 めることが肝要です。   ◎長寿の祝 昔から年齢によって、次のような長寿の祝があります。お祝いの 日には、家族一同揃って長寿を言寿ぐとともに、神様に詣でて、平 素の御加護に感謝し、益々壮健で長生きするよう祈願しましょう。 ・還暦祝…数え年61歳 ・古稀祝…数え年70歳 ・喜寿祝…数え年77歳 ・傘寿祝…数え年80歳 ・米寿祝…数え年88歳 ・卒寿祝…数え年90歳 ・白寿祝…数え年99歳   ◎成人の祝 二十歳になると「成人」です。成人としてこれからの長い人生、 責任と努力をもって一生を送ることを自覚し心に誓い、決意と感謝 を神前に奉告します。   ◎結婚式 結婚は人生の重大事ですから、厳粛でなくてはなりません。真に 夫婦一体となって苦楽を共にし、互に手を取りあって、世の荒波を 凌いでいこうと覚悟を固める上からも、厳粛な神社の神前に誓いを かわし、祖神の御恵みと御加護を、新しい生活の上に仰ごうとする 神前結婚式こそ、真に日本人にふさわしい儀式です。   ◎帯祝 帯祝は、懐妊五ヶ月の「戌」(いぬ)の日を選んで執り行います。 神様に詣でて胎児の健全な発育を願い懐妊の奉告と安産を祈願しま す。   ◎祖霊祭 出雲大社の御祭神、大国主大神の別の御名に、「幽冥主宰大神」 という尊称があります。 幽冥とは幽事の世界、つまり霊魂の世界のことです。私たちは誰 もが先祖のおかげで命を戴き、今日を生きているのですから、この 数限りない先祖・縁者の御霊、さらには幽冥稚児(俗にいう水子)の 霊を祀るのは、私たちの当然の義務でしょう。 仏教では、普通の人は一定の年数で、「弔い上げ」といい、魂は 十万億土の彼方へ行くとし、法要はしなくなります。が、本来日本 人の考えでは、死後の霊魂は、子孫が住む近くの草葉の陰や山など に留まり、子孫たちの生きざまを見つめている、と考えました。そ して魂は子孫の魂に働きかけ、甦る、とされました。このご先祖 たちの霊魂を神として祀り、より高い神の位に昇って戴き、より子 孫を見守る霊威を高め、蘇生して戴くための祈りが祖霊祭なのです。 出雲大社御本社では、これを「祖霊社大祭」として春分・秋分の 日には厳かなお祀りが執り行われています。これに準じ、函館教會 でも、お祀りを希望された多くの方々のご先祖の御霊を祀り、霊威 の蘇生を願いご奉仕しています。   ◎出雲大社の御神札をお祀り致しましょう 出雲大社で授布している御神札を「出雲大社御玉串」と申します。 この御神札には親なる神、大国主大神様の御神霊がお鎮まりしてい ます。大神様の御神威を拝礼祈念する「御霊」で朝夕に敬拝するこ とによって、大神様の御守護を戴くことが出来るのです。また、御 神札を戴く敬拝の心は、人間性の向上、家庭の幸福、社会の幸栄を むすぶ「縁」となるのです。 ※類似の御神札にご注意!

  • ◇ 神語奉書浄書会・詩吟教室・神前瞑想会 (Area)

    【神語奉書浄書会】 出雲大社の祈りの言葉である「幸魂奇魂守給幸給」を神語と云いま す。この言霊の祈りを心静かに奉書紙に浄書致しまして心を鎮めて、 身を修めまして、ますます御神縁を深められ、和楽豊栄の日々を過 ごされますことをお祈り申し上げます。   【詩吟教室】 日本詩吟学院道南岳風会師範の指導により行っています。 ご希望の方は、ぜひお気軽にどうぞ。 ・毎週月曜日午後2時~4時   【神前瞑想会】 御神前にて30分ほど瞑想をしてから、いろいろなお話をする会で す。お気軽にお問合せをしてから、おいでください

  • お問い合わせ (Punto)

    お問い合わせは下記までお願い致します。   【住所】北海道函館市高松町327-3 【TEL】0138-57-4677 【FAX】0138-57-4720 【Mail】hakodate@izumotaisha.net 【URL】www.geocities.jp/izumo388/